バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

ダイワ

【ダイワブラックレーベル+651ML/MHFSのインプレ】パワーフィネスに特化しているモデル

投稿日:

ダイワのブラックレーベルシリーズ+のなかでパワーフィネスに特化しているモデルなら651ML/MHFS。

 

MLパワーのティップでありながらバットがMHクラスなので、カバーからバスを確実に引きずり出してくれる性能を持っています。

 

そんなダイワのブラックレーベル+651ML/MHFSのスペック、特徴をみて感じた印象をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

チューブラだから扱いやすい

この651ML/MHFSはブランクスがチューブラなので癖がない設計になっているかと。

 

だからこそ、パワーフィネスとしてスモラバなどの軽いリグをカバーの奥に入れるキャスト精度が実現できるのではないでしょうか。

 

バスを掛けてからも安心のバット

プレッシャーのかかったエリアのカバーでスモラバをねじ込んでバイトさせる。

 

パワーフィネスの場合は、かけるまではそこまで問題ではありません。

ただ、掛けてからいかにラインブレイクしなかったりバラさずにキャッチするかが、パワーフィネスのタックルでは大切になってきます。

 

ブラックレーベル+651ML/MHFSの場合はバットがMHということでPEシステムで釣りをしていたら多少の強引なファイトをしてバスを引きずりだすことができるかと。

 

まとめ

ブラックレーベルシリーズって、本当にいろんなスペックとか特徴をもったロッドがありますよね。

 

そのなかでも651ML/MHFSはパワーフィネスに特化しているわかりやすいロッドになっているかと。

管理人
霞水系をメインにおかっぱりをしている人は、パワーフィネスはどんどん導入していってほしい釣りですね。

 

 

-ダイワ
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.