バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

ダイワ

【ブラックレーベル+6011UL/LXS-STのインプレ】ソリッドティップを搭載されているウルトラフィネスロッド

投稿日:

ダイワのミドルグレードモデルであるブラックレーベル。

どのスペックも洗礼されていて、どのアングラーが使っても納得のいくロッドになっています。

 

アメリカのトーナメントで戦っている大森貴洋さんもガチでブラックレーベルを使い込んでいるので信頼できるロッドかと。

 

そんなオリジナルのブラックレーベルをさらにブラッシュアップしたブラックレーベル+。

 

今回はブラックレーベル+6011UL/LXS-STのスペック、特徴をみた感じた印象をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

ショートレングスのフィネス特化ロッド

6011UL/LXS-STはショートレングスでフィネスに特化しているロッドです。

 

どのメーカーもこういったスペックのロッドはラインナップされているだけにどういったところが差別化されているのかが気になるところではないでしょうか?!

 

高弾性ソリッドを搭載

ほとんどのメーカーがラインナップされているフィネスロッドのなかでブラックレーベル+6011UL/LXS-STが特化している部分。

 

それは高弾性ソリッドティップを搭載しているところ。

普通のソリッドティップモデルのスピニングはいくらでもあります。

 

ただ、ブラックレーベル+6011UL/LXS-STは高弾性のソリッドティップ。

 

ほかのソリッドティップモデルとは違って超軽量のリグも快適に操作できるロッドになっているかと。

 

まとめ

ブラックレーベル+って、オリジナルのブラックレーベルよりも若干高いです。

 

だけど、そのぶんダイワの技術が詰まっているので、本格的にバス釣りに没頭したい人はぜひとも視野に入れておきたいロッドになっていますね。

管理人
高弾性ソリッドティップって、ダルいソリッドティップとは一味も二味も違います。

 

-ダイワ
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.