バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

ダイワ

【ダイワエアエッジ681ML+Sのインプレ】パワーフィネスロッドとして活躍できるロッド的な評価

投稿日:

琵琶湖のようなウィードレイクでネコリグで釣りをしたい。

そういったときに、ロッドパワーがMLではちょっと物足りない。

かといって、パワーがMだとオーバースペック。

 

そういったニッチな需要を満たしてくれるのが、ダイワから発売されているエアエッジシリーズの681ML+Sです。

 

MLよりも、少しだけ強めに設定されているティップとバット。

MLでは足りないけどMでは強過ぎる。

 

そういったときにガンガン使っていきたいのが681ML+Sです。

そんな681ML+Sのスペック、特徴をみて感じた印象をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

パワーフィネスとしてガンガン使いたい

スピニングロッドにおいて、MLパワーはパワーフィネスとして使える部類に入ります。

 

そして、このエアエッジの681ML+Sは明らかにパワーフィネス向きのロッドになっています。

 

パワーフィネスとしてMパワーのロッドを使う人がいますが、霞ヶ浦水系などのショートピッチで打っていく釣りにおいては、MLなどの若干ティップが柔らかいほうが使いやすいです。

 

そういった観点からすれば681ML+Sは霞ヶ浦水系などのおかっぱりのパワーフィネスロッドとして優秀かと。

 

まとめ

ダイワのシリーズで購入しやすいモデルならクロノスかエアエッジ。

クロノスはどのモデルもバーサタイル性があり使い勝手がいいモデルばかりです。

 

一方でエアエッジは、特定のシチュエーションで活躍できるロッドをメインにラインナップされています。

 

今回紹介した681ML+Sもパワーフィネスというシチュエーションに特化しているロッドです。

管理人
何かの釣りに特化しているロッドって、ぜひとも持っておきたいですね。

-ダイワ
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.