バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

ダイワ

【701ULF/RS-ST16冴掛ミッジディレクションSTのインプレ】冴掛ミッジディレクションSMTと悩むところ

投稿日:

ハートランドから発売されている2016年モデルの冴掛。

16年モデルの冴掛には2つの種類があります。

 

それが

・冴掛ミッジディレクションSMT

・冴掛ミッジディレクションST

この2つがラインナップされています。

 

大きな違いはガイドの違い。

SMTはスーパーメタルトップを採用していて、STはメガトップカーボンソリッドを採用しています。

 

それによって、キャストフィールとか使用ウエイトが変わってきます。

今回は冴掛ミッジディレクションSTの管理人が思った印象を解説していきます。

 

スポンサーリンク

穂先がソリッドだから軽量リグが得意

冴掛ミッジディレクションSTは、穂先がソリッドになっています。

なので、1gのジグヘッドリグなんかも軽快に扱うこともできるし、なにより数釣りを楽しむことができるモデルになっているかと。

SMTと迷うところ

個人的にはSMTのほうが気になります。

だって、スーパーメタルトップ採用ですよ?

 

気になりませんか?スーパーメタルトップ。

名前からして、スゲー感度がよさそうだし、違う次元のするロッドな感じがしますからね。

・冴掛ミッジディレクションSMTのインプレ

 

STを買うよりもSMTを買ったほうが、釣り人としての経験値がたまる気がするというのもありますね。

 

まとめ

冴掛ミッジディレクションSTって、デザインもかっこいいし、極細のPEラインなんかでセコ釣りをしたら楽しそう。

 

村上さんの動画をみて、すげー楽しそうに釣りしているのを見て、管理人も欲しくなりましたね。

ただ、16年モデルの冴掛を購入するなら、個人的にはSMTのほうかなーって感じです。

管理人
スーパーメタルトップを個人的には使いたいからSMTが欲しいですね。

-ダイワ
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.