バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

シマノ

【17コンプレックスCI4+のインプレ】マグナムライトローターが生まれ変わってさらに軽く!

更新日:

ストラディックCI4+、ヴァンキッシュなどに搭載されていて、軽い巻き心地が魅了的なマグナムライトローラー。

 

17年モデルのコンプレックスCI4+にも、もちろんリニューアルしたマグナムライトローターが搭載されています。

 

それによって、より軽く、そして確実にバス釣りのアドバンテージになることを約束してくれるリールなのではないかと。

 

そんな、17コンプレックスCI4+のスペックとか特徴をみて、感じた当サイトの管理人の印象を書いていきます。

 

スポンサーリンク

自重も軽くなったコンプレックスCI4+

17コンプレックスCI4+のC2500SF4スペックは以下のとおり。

自重180g

糸巻き量はフロロ4ポンド100m

ボールベアリング10個

前作のコンプレックスよりも、自重が15gも軽くなっています。

15gだけ?!

 

いやいや、スピニングリールの15gの軽量化って、相当持った感じのフィーリングが変わりますよ。

あとはラピッドファイアドラグの採用

ラピッドファイアドラグは、ドラグ調整が効きやすいという特徴があります。

 

スモールマウスを釣っているときとか、3ポンド以下のラインを使っているときは、ラピッドファイアドラグはありがいかと。

 

ちょっとドラグを回しただけで、ドラグ力が変わるから急な対応もできちゃう、あるとうれしい性能もついています。

ストラディックCI4+とどっちがいいか

管理人的には、ストラディックCI4+を選びます。

理由としては、ストラディックCI4+の自重が160gで軽いという単純な理由です。

 

個人的に、バス釣りはリールが軽ければ軽いほどいい!そう思っているからですw

 

ただ、コンプレックスCI4+のほうがボールベアリングが多いし、よりカッチリした作りになっていることは間違いないですね。

とはいっても、ストラディックCI4+もカッチリしているけどね。

・ストラディックCI4+のインプレ

まとめ

バスタックルは、より軽くしてよりいい性能。

そんな時代になってきていますね。

 

ストラディックCI4+とか17コンプレックスCI4+は、その代表例。

このリールのスペックをみて、そんな印象を持ちましたね。

管理人
リールの進歩は止まらない。アングラーはついていける??

 

-シマノ

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.