バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

シマノ

【17クロナークmglのインプレ】飛距離が安定して出せるバーサタイルリール

投稿日:

マイクロモジュールギアとMGLスプールが搭載されていてコスパに優れいている。

それが17クロナークmglです。

 

そんな17クロナークmglの魅力は以下のとおり。

ラインキャパが豊富

マイクロモジュールギア搭載

MGLスプール搭載

この3つかと。

 

スポンサーリンク

ラインキャパが豊富

メタニウムmglを持っていて、クロナークmglがほしいという人はやっぱりラインキャパの存在は大きいのではないでしょうか?

 

16ポンド100m巻けるリールって、琵琶湖とかの関西では超必須の条件になってきます。

とくに琵琶湖のおかっぱりなんかは、常にフルキャストが求められるフィールドです。

 

1/2オンスのスイムジグを使ったりしたら必然的にラインは16ポンド前後。

 

そうなると必要なのは豊富なラインキャパ。

17クロナークmglならしっかり対応することができます。

マイクロモジュールギア搭載

こればかりは言葉で説明しても伝わらない部分があります。

一言でいうと、

感動するw

 

もうね、これしか表現方法がないわけですよ。

これは釣り具屋で17クロナークmglを巻くか、友達から借りるかで体感してみてください。

 

なにげにXSHIPを搭載しているのも巻き心地向上につながってますよね。

 

MGLスプールを搭載

マイクロモジュールギアと同じくらい目玉な特徴がMGLスプールの存在。

 

このスプールを搭載しているかによって、リールのキャストフィーリングは超変わります。

 

なので、これからシマノの新製品を買う人はMGLスプール搭載のリールがおすすめです。

 

それぐらいMGLスプールって素晴らしいです。それが17クロナークmglにはついています。

 

17クロナークmglのスペック

ちなみに17クロナークmglのスペックは以下のとおり。

ギア比・・・6.2、7.1、8.1

自重・・・185g

ラインキャパ・・・16ポンド100m

いやー琵琶湖のアングラーならこのリールは超アリですね。

メタニウムmglよりも個人的にはクロナークmglのほうが自分の釣りにあっていますね。

まとめ

17クロナークmglはコスパに優れいていて、上位機種の性能を体感することができるリールです。

 

 

なにげに自重も軽いし、ギア比ごとに同じリールを揃えたい人にはいいのではないでしょうか?!

 

 

-シマノ

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.