バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

シマノ スピニングリール

【シマノのセドナのインプレ】スペックを見て自分なりの評価を書いてみようと思う

更新日:

シマノから発売されている、エントリーモデルのセドナ。

時代の進歩はすごい。

 

スペックと価格を見て正直に思いました。

実売価格が4000円くらいで購入できて、AR-Cスプールが搭載されている。

 

これって、すごいことです。

そんなシマノから発売されているセドナに関して管理人が思った印象(インプレ)を書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

AR-Cスプール搭載が何よりもお得

AR-Cスプールって、スピニングの釣りをするうえでは、大事な要素。

 

これがないと、ライントラブルが増えるし、飛距離が出なかったりします。

 

ひと昔前は、エントリーモデルにARーCスプールが搭載されているとかまずなかったです。

 

管理人も頑張ってAR-Cスプールが搭載されているバイオマスターを購入してましたからねw

 

初心者には十分すぎるモデル

セドナが発売される前は、正直エントリーモデルとか初心者におすすめできなかったです。

 

理由としては、ARーCスプールが搭載されていないから。

何度も言いますが、それぐらい当サイトの管理人は、このスプールに信頼を持っていますw

 

ですが、セドナには4000円ぐらいで購入できて、管理人が信頼しているスプールがついている。

はじめてバス釣りをする人にとってトラブルはやめたくなる原因の1つです。

 

シマノのAR-Cスプールはトラブルを軽減するスプールなので、初心者にも安心して使えるモデルになっています。

 

セドナの2500Sのスペック

バス釣りで誰もが使う番手の2500Sのスペックは以下のとおり。

ギア比5.0

自重260g

糸巻き量はフロロ5ポンド100m

自重は重いけど、そこは気にしなくていい

2500番台で自重が250g前後ということで、自重が気になるところですが、エントリーモデルに軽さを求めてはいけないかとw

 

キャストする、リトリーブする、バスを掛ける、キャッチする。

バス釣りに求められる性能は満たしているスピニングリールになっているかと。

まとめ

シマノのエントリーモデルのセドナ。

ステラとかヴァンキッシュなどのハイエンドクラスのスピニングリールが注目されがち。

 

だけど、シマノのエントリーモデルも確実に進化しています。

そんな印象を持ったシマノのセドナでした。

-シマノ, スピニングリール

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.