バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

ダイワ

【ダイワファイヤーホーク631UL/LFS-SMTのインプレ】シンプルに使いたいハイエンドモデル

投稿日:

ダイワのハイエンドモデルであるスティーズシリーズ。

スピニングモデルに対しては、x45やSMTが搭載されているものがあって、かなり繊細にリグを操作できるものが数多くラインナップされています。

 

今回は繊細にリグを操作することができるロッドの1つである、ファイヤーホーク。

 

ファストホークとは違うシェイクの感覚が持ち味のファイヤーホークについて、スペック、特徴をみて感じた印象をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

SMTを搭載

もはやダイワのスティーズシリーズでは定番になっているSMT(スーパーメタルトップ)。

 

SMTを搭載しているロッドは感度がいいと好評です。

スーパーメタルトップの恩恵によりボトムの地質を把握することができたり、超軽量のリグでも操作感のある感じになっています。

 

大口径元ガイドを搭載

近年のフィネスに特化しているロッドって、マイクロガイドが主流になっています。

 

ファストホークももちろんガイドは小さいですが、大口径元ガイドを搭載しています。

 

なので、フィネスロッドなのに、比較的に飛距離を出しやすいロッドになっています。

 

サイトフィッシングをしているときなんかは、案外飛距離が大事になってきたりします。

 

ミドスト、ジグヘッドワッキーで使いたい

ファイヤーホークは、ファストホークと違い振れ幅の大きいシェイクができるのが特徴です。

 

なので、ミドストとかジグヘッドワッキーなんかのダルダルにシェイクする釣りにはいいのではないかと。

 

まとめ

ファイヤーホークはダイワのハイエンドモデルだけあって、いろんな技術が搭載されています。

 

スピニングロッドはベイトロッドに比べてハイエンドモデルの違いを体感しやすいものです。

管理人
遠投もできるフィネスロッドって魅力的です。

-ダイワ
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.