バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

ダイワ

【ダイワクロノス682ULS-STのインプレ】ライトキャロに使いたいモデル

投稿日:

檜原湖、野尻湖、そして野池。

こういった繊細な釣りを要求されるフィールドで、ぜひとも使いたいリグがライトキャロ。

 

ただ投げて、ずる引きするだけでバスがバイトしてくれるライトキャロはトーナメントで数多くのアングラーが使用しているリグです。

 

そんなライトキャロに使いたいのがダイワのクロノスシリーズの682ULS-ST。

メガトップソリッドを搭載しているので、ディープを狙うスモールマウスバスの釣りでも活躍することは間違いないかと。

 

クロノスシリーズの682ULS-STのスペック、特徴をみて感じた印象をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

メガトップソリッドが売り

個人的にはそう思っています。

てか、最近のダイワとかシマノってコスパに優れているロッドを出し過ぎですw

 

もはやハイエンドを買う理由などあるのでしょうか?w

そう思わずにはいられないクロノス682ULS-ST。

 

メガトップソリッドは食い込み重視というよりは、操作性に特化しているソリッドティップです。

 

スモールマウスを釣るなら持っておいて間違いないかと

スモールマウスバスを釣るなら、ぜひともライトキャロ専用のロッドは用意しておきたいところ。

 

ライトキャロに求められるロッドの性能としては、

・7フィート前後のレングス

・ある程度の感度

この2つの性能はほしいところです。

 

クロノス682ULS-STはどちらの性能も備えているので、個人的にはいいのではないかと。

まとめ

コスパに優れているクロノスシリーズ。

だからこそ、ライトキャロ専用みたいなロッドを購入してもいいのではないでしょうか?!

 

普段はスモールマウスを釣らないけど、たまに釣りに行く。

そんな人はぜひとも682ULS-STを検討してほしいですね。

管理人
スモールマウスバスを釣るならライトキャロ専用のロッドは準備しておくべきかと。

-ダイワ
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.