バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

ダイワ

【ダイワブラックレーベル681ULFSのインプレ】シャッドなどの小型プラグで使いたいロッド

投稿日:

ダイワのブラックレーベルシリーズのなかでは比較的ロングロッドの部類に入る681ULFS。

 

ロングロッドでありながらULパワーということで、軽量のスモラバからシャッドなどの小型プラグまで幅広く対応することができます。

 

そんな、ダイワのブラックレーベルの681ULFSのスペック、特徴をみて感じた印象をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

小型のシャッド、ミノーなんかにいいよね

そう思いました。

6.8フィートというレングスは、シャッドを扱うのに最適なレングスかと。

 

ULパワーということで、皮一枚のようなバイトでも絡めとることができるし、なによりも6.8フィートというレングスによるレンジコントロールが魅力的ですね。

 

霞ヶ浦水系のおかっぱりでシャッドを使うときって、なにげにレンジコントロールが大事です。

 

レンジを自分でコントロールできないと、ボトムを叩きすぎて根がかったり、バスのストライクゾーンにルアーを届けることができないからです。

 

さらに681ULFSはレングスが長いので、足元までルアーを引いてこれることができます。

 

なので、護岸際や足場の高いところで釣りをするときにも便利な1本になていますね。

 

まとめ

ULパワーでレングスが長いって、かなり使い勝手がいいです。

スモラバをひたすらシェイクするみたいな釣りには向いていないけど、シャッドをひたすら巻く釣りなんかには最強のスペックのロッドかと。

 

まあ、こればかりは一度681ULFSのようなスペックのロッドを使って体感してみないとわからないです。

-ダイワ
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.