バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

ノリーズ

ノリーズのジャングルスピン680JMHSのインプレ!パワーフィネスにガッツリ使い込んでいきたいロッド

投稿日:

ノリーズから発売されているジャングルスピン680JMHS。

伊藤巧プロの活躍によって、パワーフィネスが一気に有名になって、それとともにジャングルスピンも有名になりましたね。

 

亀山ダム、野池、カスミ水系。

そういったカバーに絡めてバスを誘うことが必須になるフィールドではジャングルスピン680JMHSのようなパワーフィネスロッドは用意しておきたいところです。

 

そんなノリーズから発売されているジャングルスピン680JMHSのスペックをみて感じた印象をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

ジャングルスピン680JMHSの特徴

ノリーズから発売されているジャングルスピン680JMHSの特徴は以下のとおりになっています。

 

・ノリーズブランクスによる粘り強さ

・PE1.5号前後の使用を前提に設計されている

 

これがジャングルスピン680JMHSの大きな特徴になっているかと。

ノリーズブランクスによる粘り強さ

パワーフィネスに必要な要素として重要なのが、カバーからバスを引きずりだす粘り強さ。

 

ジャングルスピンはノリーズの特有の粘り強いブランクスを継承しているので、多少の濃いカバーでも耐えるパワーがあるかと。

 

PE1.5号を前提に設計

このロッドはパワーフィネスの使用を前提に作られているロッドです。

なので、PEライン1.5号前後を前提に作られています。

 

スモラバを複雑なカバーに絡めて釣る。

そういった釣りにもしっかりと対応してくれるのがジャングルスピンの特徴かと。

まとめ

ノリーズのロッドって時代が過ぎても長年使えるロッドってイメージがありますよね。

 

ダイワのハートランドもそうだけど、いいロッドはどの時代でもいいもんです。

 

購入するなら長年使うつもりで使いたいところですね。

-ノリーズ
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.