バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

ダイワ

【スティーズsvtwのインプレ】快適に飛距離を出せるハイエンドリール

投稿日:

がっつり使い込むならシマノ。

快適に釣りをするならダイワ。

 

個人的にはシマノとダイワにそういった印象を持っています。

そんなダイワのハイエンドリールといえばスティーズ。

 

ダイワのハイエンドリールであるスティーズもモデルチェンジしてスティーズSVTWとして数多くのアングラーに愛用されています。

 

そんなスティーズsvtwのいいところは以下のとおり。

なにより自重が軽い

svスプールとtwsの相乗効果

ギア比のラインナップ

この3点ではないかと。

スポンサーリンク

自重が軽い

これはかなりアドバンテージになりますよね。

とくにリザーバーとか関東でのショートピッチの釣りで、キャスト数が多い人ほど、リールの自重が軽いってアドバンテージになります。

 

スティーズsvtwの自重は160gです。

シマノのメタニウムmglよりも軽いです。

・メタニウムmglに関する記事

 

160gということで、スティーズsvtwで釣りをすると普段愛用しているロッドのキャスト感が変わるのは明らかなことです。

svスプールとtwsの最強の組み合わせ

まあ、いまさら感がありますが。

トラブルレスでありながら高回転を実現してくれるsvスプール。

ラインをバサバサと放出してくれるtws。

 

この2つが組み合わさることによって、軽い振り抜きでもビューンとリグが軽快に飛んでいきます。

 

関東アングラーでショートピッチ主体ならぜひともほしいところですよね。

 

ギア比のラインナップ

いままでのスティーズシリーズは、ノーマルギアとハイギアの2種類しかラインナップがありませんでした。

 

だけど、モデルチェンジしてスティーズsvtwになってからはエクストラハイギアのラインナップも可能になっています。

 

これによって、さらにスティーズシリーズでタックルを組むということが可能になっていますね。

 

スティーズsvtwのスペックは?

すげー遅くなりましたが、スペックは以下のとおり。

ギア比・・・6.3、7.1、8.1

自重・・・160g

糸巻き量・・・14ポンド70m

関東アングラーなら確実に最適なスペックになっていますよね。

まとめ

いやーさすがダイワのハイエンドモデル。

誰が使っても納得の性能ではないでしょうか?

 

琵琶湖のアングラーにとってはラインキャパはちょっと足りない感じがしますが、そこはジリオンsvtwでいいかと。

 

霞水系なんかの関東アングラーには間違いなくオススメできるリールであることは間違いないですね。

 

-ダイワ

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.