バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

アブ

【レボブラックナインのインプレ】フロッグで飛距離を出して遠くでかけても使えるリール

投稿日:

剛性重視のリール。

それがブラックナインです。

 

見た目はアブらしいシックなデザインで、長年使用しても飽きのこないデザインになっています。

 

そんなブラックナインをプロデュースしたのがキムケンこと木村健太さん。

 

フロッグ、クランクなどのパワーフィッシングのイメージが強いキムケンの釣りにバッチリ対応できるということで、剛性があるリールであることは間違いない。

 

そんなブラックナインの剛性の秘密に迫ってみます。

スポンサーリンク

まずはブラックナインのスペック

まずはブラックナインの基本情報を紹介します。

自重・・・235g

ラインキャパ・・・16ポンド100m

ギア比・・・9.0

明らかにゴツイです。

コンパクトサイズのロープロリールなのに自重が235gってコンセプトが超明確ですよね。

 

超ヘビーユーザーを対象に作られているのが一目瞭然です。

タフな作り

自重が235gと重いのには理由には以下の理由があります。

フルメタルハウジング

大口径高強度ブラスギア

DLCコーティングピニオンギヤ

大きくみるとこういった作りになっているのが強い理由かと。

ほかにもありますが、個人的に気になったものだけをピックアップしました。

 

フルメタルハウジング

ブラックナインはアルミフレームになっているので、相当強いです。

これによってフッキングをしたときとか、重めのリグをキャストしたときのリールの歪みを軽減してくれます。

大口径高強度ブラスギア

従来の素材であるブラスを使用しています。

ブラスって、とにかく頑丈。

 

昔のリールで異様に強いモデルがあるのはブラスを採用していたりします。

 

DLCコーティングピニオンギヤ

リールの心臓部であるピニオンギヤ。

そのピニオンギヤにDLCコーティングが施されているので強度が増しています。

 

エクストラハイギアだから飛距離を出しても遠くでかけれる

フロッグの釣りで飛距離を出して、遠くで掛ける。

これって、ローギヤとかノーマルのリールだとフッキングが甘くなったりするもんです。

 

だけど、ギヤ比9.0のレボブラックナインは糸巻き量がめちゃ早いので、バスを掛けてからのファイトに持ち込む時間がすぐです。

 

まとめ

キムケンプロデュースのレボブラックナイン。

キムケンの釣りに対応しているモデルということで、とにかく頑丈です。

 

毎日何かしら釣りをしていて、2年くらいリールを使うと壊れれてしまう。

 

そういった人は検討しておきたいリールになっていますね。

 

-アブ

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.