バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

アブ

【アブレボALXのインプレ】コスパに優れているアブのスタンダードリール

更新日:

アブのリールって、コスパに優れていて性能がいい。

当サイトの管理人はそんな印象を持っています。

 

そして、ダイワとかシマノに比べてボールベアリングが多い。

例えばダイワのミドルグレードとアブのミドルグレードだとアブのほうがベアリングの数は多いです。

 

そんなアブ。今回はレボALXのスペック、特徴をみて思った印象を解説していきます。

スポンサーリンク

価格が安い

実売価格は13000円前後。

安いですよね。

 

まあ、ダイワとかシマノでもそれぐらいの値段で優れているリールはありますが、アブも負けていないといった印象。

 

気になるスペック

レボALXの2000番のスペックは以下のとおり。

自重200g

糸巻き量4ポンド100m

ボールベアリング合計8個

自重も200gということで、どちらかといえば軽いほうの部類に入るかと。

 

レボPRMと同じギアデザイン

ワンランク上のレボPRMと同じギアデザインを採用しています。

レボPRMはタフなリールを目的に開発されたリール。

 

そのレボPRMと同じギアデザインということで、レボALXもタフに使用できるギアであることがわかります。

 

エントリーモデルのステップアップにいいかも

アブのエントリーモデルのカーディナルのステップアップに最適かなといった印象を持ちます。

 

リール自体カッチリしている製法を用いているし、ボールベアリングも8個と多めだし。

エントリーモデルのステップアップにいいんじゃないですかね?

 

まとめ

レボMGX、レボロケット、レボPRM。

これらのスピニングリールって、性能も優秀だし、価格も良心的。

・レボMGXのインプレ

・レボロケットのインプレ

・レボPRMのインプレ

 

ですが、レボALXも負けてません。

性能は上記にあげたリールには少しだけ劣りますが、コスパという面では優れているかと。

管理人
レボALXを最初のスピニングリールとして使うのも全然アリですね。

-アブ

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.