バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

タックルコラム

メタニウムmglでビックベイトはアリか?!

投稿日:

メタニウムmglでビックベイトを使うのはアリか??

結論からいうと、

全然アリでしょ!!

 

ジョイクロ178がビックベイト呼べるルアーならメタニウムmglなんかはかなりいいリールではないでしょうか?!

 

理由としては、

エクストラハイギアのラインナップ

適度な糸巻き量

175gという軽い自重

この3つが理由としてあります。

 

スポンサーリンク

エクストラハイギアのラインナップ

ビックベイト、とくにS字形といわれているジョイクロとかスライドスイマーなんかはハイギアは必須かと。

 

リールを高速でグリグリッ!と巻いてピタッと止める。

こういった動作をすることによって、ジョイクロなんかのS字のルアーはバスに対してリアクションバイトを誘発することができます。

 

ただし、それはリールがハイギアであることが前提です。

いわゆるビックベイトのグリグリメソッドはハイギアでないと本領を発揮できないです。

 

メタニウムmglはHGとXGのラインナップがあるのでジョイクロの使用を前提に使っても全然アリかと。

 

適度なラインキャパ

関東水系とかリザーバー、野池が中心の人なら16ポンドでジョイクロを使うのが一般的かと。

 

メタニウムmglは16ポンド80m巻けるので最適なラインキャパになっています。

 

軽い自重

メタニウムmglって、mglスプールとかマイクロモジュールギアが注目されがちですが、自重が軽いというのも抑えておきたいポイントです。

 

175gって相当軽いです。

ビックベイトはゴツイタックルをイメージしがち。

 

だけど、ジョイクロ178クラスのビックベイトならMHクラスのロッドに比較的軽いベイトリールが使いやすいものです。

 

ビックベイトはすぐに釣れる釣りではないので、1日やりきるくらいの覚悟で釣りをするのが釣れる秘訣。

 

そのためには1日やり切れるアングラーの負荷が少ないタックルを選ぶのが大切になってくるかと。

 

メタニウムmglなら自重も軽いので合わせるロッドによって、超快適なビックベイトタックルを構築できるかと。

 

まとめ

メタニウムmglでビックベイトは間違いなくアリです。

使うビックベイトにもよりますが、スライドスイマークラスなら全然使える範囲です。

 

本格的にビックベイトを極めるならカルコンとかがいいですが、まだその段階じゃない人はメタニウムmglのほうがむしろ使いやすいです。

 

-タックルコラム

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.