バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

ダイワ

【ダイワクロノス662LSのインプレ】スピニングロッドの基本となるロッド

投稿日:

6.6フィートというレングスでLクラスのパワー。

これって、ベイトロッドいうところの66Mのバーサタイルロッドみたいななんでもロッドみたいな感じのやつです。

 

スモラバからシャッドのような軽量プラグまで。

幅広いフィネス全般を扱うことができるスペックのロッドになっています。

 

そんなダイワのクロノスシリーズ662LSのスペック、特徴をみて感じた印象をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

スピニングロッドを持っていない人はこのロッドからでもいいんじゃない?

個人的にはそう思っています。

6.6フィートということで、ある程度のロングキャストもできるし、近距離のピンスポットのキャストも決まる。

 

ある程度のシェイクならできるし、Lクラスということで幅広いウエイトを扱うことができる。

 

普段はベイトタックルしか持っていない人は、まずはこういったスペックのロッドがいいのではないでしょうか?

 

ただ、スモラバを超繊細に使うことは難しい

662LSって、スピニングロッドのバーサタイルロッドです。

ですが、スモラバをひたすらシェイクするのは厳しいかと。

 

やっぱり6.2フィートぐらいのショートレングスでないと、長時間シェイクし続けるのは難しいし、集中力が持ちません。

 

スモラバをひたすらシェイクするような釣りなら、クロノスシリーズだったら621ULS。

・クロノス621ULSのインプレ

2ピースモデルなら642ULSがいいかと思います。

・クロノス642ULSのインプレ

まとめ

662LSは、バーサタイルロッドです。

逆に言うと、スモラバ専用のロッドがほしい!みたいな人は購入する必要がないかと。

 

あくまでなんでもそつなくこなすロッドということ認識で購入すれば満足いくのではないでしょうか?!

 

管理人
バーサタイルロッドは1本あると便利ですよ。

-ダイワ
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.