バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

ダイワ

【ダイワクロノスのスピニングモデルのインプレ】全機種を超解説して評価

投稿日:

コスパに優れているクロノスシリーズ。

1万5千円で購入したらお釣りがくるモデルでありながらⅩ45を搭載しているということで、エントリーモデルからのステップアップにオススメのモデルです。

 

そんな、ダイワのクロノスシリーズのスピニングモデルの全機種のスペック、特徴をみて感じた印象をまとめてみました。

スポンサーリンク

コスパに優れているクロノスシリーズ全機種解説

それでは、1つ1つクロノスのスピニングモデルを解説していきます。

1ピースモデル

621ULS

ショートレングスでスモラバな軽量リグを繊細に使えるモデルです。

 

個人的には真冬の野池、カスミ水系でひたすらスモラバをシェイクして使いたいですね。

・621ULSのインプレ

641ULS-ST

メガトップソリッドを搭載しているモデル。

食い込み重視のソリッドティップではなく、リグの操作性にも配慮しているメガトップソリッドです。

 

なので、カスミ水系などのごちゃごちゃしたボトムなんかにも使えるモデルになっているかと。

・641ULS-STのインプレ

641LS

641LSはバーサタイルロッド的な位置づけにあるモデルです。

 

ベイトタックルしか持っていない。

ダイワのスピニングを使いたい!

 

そんな人は一度釣り具屋で触ってみることをお薦めします。

・641LSのインプレ

6101MLS

個人的に一番気になるモデルです。

ガチガチのパワーフィネスというよりも、比較的ライトカバーにスモラバを打っていきたいモデルかと。

 

使用できるウエイトも幅広いので、関西アングラーで重めのフィネスリグを使う人はいいのではないでしょうか?!

・6101MLSのインプレ

6101MHS

ガチガチのパワーフィネスロッドです。

PEシステムを組んで、スモラバなどの軽いリグをカバーにスキッピングしたり、ピッチングしたりしてバスを引きずりだすモデルです。

 

パワーフィネスロッドって、結構無理に使うので折れるか不安。

クロノスならコスパに優れているので、折れても精神的ダメージが少ないのもうれしいところですw

・6101MHSのインプレ

2ピースモデル

642ULS

6.4フィートという、遠投もある程度できるし、繊細なシェイクもできるという絶妙なスペックのモデル。

 

2ピースということで、交通手段が限られているアングラーも使えるのがうれしいところですね。

・642ULSのインプレ

662LS

スピニングロッドのバーサタイルロッドといえば6.6フィートでLクラスのロッド!

 

昔から66Lのスピニングロッドは、バス釣りの入門におすすめのモデルです。

 

学生なんかは、このモデルで十分ではないかと。

・662LSのインプレ

672MLS

MLクラスということで、幅広いリグを使うことができるモデルです。

 

小型のクランクベイトなんかもガンガン使うことができるので、女性のアングラーなんかに案外いいのではないでしょうか?

・672MLSのインプレ

682ULSーST

ライトキャロ専用に使いたいロッド。

クロノスシリーズのなかで、なにか1つのリグに特化しているロッドって、この682ULS-STと6101MHSぐらいではないでしょうか?

 

スモールマウスバスを釣る人は持っておきたいモデルになっています。

・682ULS-STのインプレ

まとめ

クロノスって、コスパに優れすぎです。

ダイワのコスパに優れているモデルがクロノスなら、シマノだったらゾディアスシリーズかと。

・ゾディアスのスピニングモデルのインプレ

 

どちらのメーカーも性能はしっかりしているので、最終的にはデザインで選んでいいかと。

 

管理人
クロノス、ゾディアス。どちらもコスパに優れいているので、もっとバス釣り業界が盛り上がってくれるとうれしいですね♪

 

-ダイワ
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.