バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

シマノ

【15カルカッタコンクエスト300のインプレと飛距離】ガッツリとビックベイトを極めた人は使いたいリール

投稿日:

カルカッタコンクエスト300を使っている人をみると、

いやーやるな。

 

そう思ってしまうのは僕だけでしょうか?!

だってカルカッタコンクエスト300って、使うルアーを選ぶし、決して安くない買い物だから明らかに人を選ぶリール。

 

そんなカルカッタコンクエスト300の解説をしていきます。

スポンサーリンク

15カルカッタコンクエスト300のスペック

ざっと個人的に必要なスペックは以下のとおり。

自重・・・320g

糸巻き量・・・20ポンド160m

ボールベアリング・・・13個

いやーカッチリしているリールですよね。

さすが、シマノのハイエンドモデルとしかいいようがありませんね。

 

ビックベイトを中心に使いたい

ジョイクロマグナム、サイレントキラー250ぐらいあたりのルアーから使いたいかと。

 

だって、糸巻き量20ポンド160m巻けるって、相当ラインキャパがあります。

 

近年流行っているマグナムベイトには持ってこいのリールになっているかと。

 

あとは、フルサイズのアラバマリグとかおもしろそうですよね。

 

飛距離はどうなのか?

当然のことながら気になるのは飛距離。

正直いって、マグナムベイトを背負えるだけのスプール径と剛性はあるので大丈夫かと。

 

あとはシマノブランドという強みもあるしw

スプール径が43ミリって結構広いです。

 

メタニウムmglのスプール径が34ミリ径ですからね。

基本的にスプール径の幅が広いほど、ビックベイトなどのウエイトの投げるルアーには向いています。

 

そう考えると、カルカッタコンクエスト300の43ミリ径スプールは確実に飛距離が出る設計になっているかと。

 

まとめ

カルカッタコンクエスト300にデプスとかのゴツイロッドを組み合わせて琵琶湖へ。

 

そういったことを誰もが想像するのではないでしょうか?

そういったタックルを実現するには大体10万円ぐらいするので、ある程度の覚悟が必要になってきます。

 

ただ、覚悟を決めた人間は強いので、思い切ってカルコン300を買ってレベルアップするのもおもしろいですね。

-シマノ

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.