バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

ダイワ

【ダイワブラックレーベル+621LXSのインプレ】HVFナノプラスの搭載のバーサタイルフィネスロッド

投稿日:

ダイワといったらブラックレーベルという人もいるのではないでしょうか?!

 

いまやダイワの核をなしているモデルであるブラックレーベル。

そのオリジナルのブラックレーベルを進化させたブラックレーベル+。

 

今回はブラックレーベル+621LXSのスペック、特徴をみて感じた印象をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

チューブラーのフィネスロッド

最近ではオールソリッドとかソリッドティップが定番になりつつあるフィネスロッドですが、間違いなくチューブラのフィネスロッドも必要。

 

チューブラだからこその軽快なキャストと操作性。

ブラックレーベル+621LXSはそれらを兼ね備えているフィネスロッドになっています。

 

ですが、こういったロッドはどのメーカーもそろえているもんです。

 

では、ほかのメーカーとどういった点が優れいているのか探ってみましょう。

HVFナノプラスを搭載

ブラックレーベルはx45とか3DXの技術を詰め込んでいるシリーズです。

 

それの技術はもはや定番になって当たり前な感じがあるのも事実です。

ですが、最近ダイワが導入しているHVFナノプラス。

 

このHVFナノプラスを搭載しているロッドって、あんまりないですよね。

ブラックレーベル+621LXSはHVFナノプラスが搭載されています。

 

それにより、感度向上、軽量化を実現しています。

 

まとめ

総合的にみると、問題なく使えるロッドではないでしょうか?!

ダイワの技術が総動員されているブラックレーベル+621LXS。

 

チューブラのブランクスのフィネスロッドということで癖がなくて使いやすいロッドになっているかと。

管理人
チューブラのロッドって癖がないからストレスなく使えます。

-ダイワ
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.