バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

レイドジャパン

【グラディエーターアンチのスピニングロッドのインプレ】全機種を地味に評価してみました

投稿日:

レイドジャパンのグラディエーターシリーズのアンチ。

オリジナルのグラディエーターシリーズは、使い方を特化しているので、尖っているモデルがラインナップされているイメージがありました。(とくにスラッガーなんかは尖ってるかと)

 

ですが、グラディエーターのアンチシリーズは誰が使っても使いやすくて、汎用性に富んでいるロッドを目的に開発されています。

 

今回は、そんなレイドジャパンのアンチシリーズのスピニングモデルの2機種をスペックなどを見て感じた印象から解説していきます。

 

スポンサーリンク

汎用性に富んでいるアンチシリーズのスピニングモデル

アンチシリーズのスピニングロッドは2018年1月時点で2本ラインナップされています。

 

スピニングモデルであるフィクサーとディフェンダーの解説をしていきます。

GA-61ULS-STフィクサー

30tカーボンソリッドを搭載しているのが特徴的なフィクサー。

やっぱり1/32オンスのスモラバを超繊細に操作するにはソリッドティップって欲しいものです。

 

それに30tカーボンソリッドを使用しているので、シャキッとした感じはあるかと。

これは、30tオールソリッドの久遠から発売されているデュナミスシリーズを使ったことのある人ならわかるはずです。

 

繊細にスモラバとかを操作できるんだけど、掛けるときはしっかりかけることができるロッドなのではないかと個人的には思っています。

 

おかっぱりでフィネスリグを中心に釣りをするなら、アンチのフィクサーは持っておいてもいいんじゃないでしょうか?

 

GA-63LSディフェンダー

アンチシリーズのスピニングモデルのなかでのバーサタイルスピニングロッドになっているかと。

 

個人的には普段スピニングを使わない人は、こういったバーサタイルロッドで十分かと。

 

63という長さだったらシェイクもしやすいし、ある程度の遠投もできる。

ライトアクションなので、軽めからシャッドなどの軽量プラグもキャストできる。

 

非常に使い勝手のよさそうなロッドという印象を持てますね。

 

まとめ

アンチシリーズって、ロッド全体が黒ベースで渋くてカッコいい印象を持ちます。

 

デザインだけでなく性能面にもこだわっているのがレイドジャパンの人気の秘密ではないでしょうか?!

 

管理人
レイドジャパンを初めて使う人はアンチシリーズから使うのもアリですね!

-レイドジャパン
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.