バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

ダイワ

【ダイワエアエッジ681ULS-STのインプレ】ロングフィネスロッドとして使える!

投稿日:

6.8フィートでスピニングロッドのなかでは、ロングロッドの部類に入るエアエッジ681ULS-ST。

 

メガトップを搭載しているのでロングロッドなのに、リグを扱いやすいという特徴があるロッドかと。

 

そんなダイワのエアエッジ681ULS-STのスペック、特徴をみて感じた印象をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

ダウンショット、ライトキャロに使いたい

野池、リザーバーなどのフィールドではハードベイトなどの巻物をガンガン巻くよりも、ダウンショットとかライトキャロでボトムをズル引きしたほうが結果的にいい釣りができることのほうが個人的には多いです。

そういった状況で使いたいのがULクラスのロングロッド。

 

ライトキャロとかダウンショットをなるべく軽いシンカーでワームを操作する。

こういったことを考慮して釣りをすると、釣果は確実に上がってきます。

 

ただし、それはロッドが感度がよくてリグの操作性に優れているロッドであることが前提の話です。

エアエッジ681ULS-STはそういったことをする性能は備わっている感じがするので個人的にはオススメできるかなと。

 

まとめ

エアエッジ681ULS-STは、スモールマウスバスを釣る人にとっては特に使ってほしいロッドです。

スピニングタックルって、リールよりもロッドのほうが大事だと個人的には思っているので、様々なロッドを使って経験値をためていくのがいいのではないでしょうか?!

管理人
リーダーを長くとるダウンショットとかライトキャロには、681ULS-STのようにロングロッドが有効になってきます。

-ダイワ
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.