バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

ダイワ

【ダイワエアエッジ641MLSのインプレ】スタンダードなスピニングロッド

投稿日:

6.4フィートでパワーがML。

ショートレングスでパワーがわりかしあるので幅広いリグを使うことができるエアエッジ641MLS。

 

ネコリグを遠投して、シェイク。

遠くでかけてもバッチリフッキングして寄せる。

 

一方でベビーシャッドのような小型プラグをガンガンキャストしてバイトを誘発する。

 

そういった使い方ができるのがエアエッジの641MLSかと。

そんなダイワのエアエッジ641MLSのスペック、特徴をみて管理人が感じた印象を解説していきます。

 

スポンサーリンク

ウィードレイクなんかで使いたい

河口湖、山中湖、そして琵琶湖。

こういったフィールドに共通していることはウィードレイクだということ。

 

必然的にワームをウィードに引っかけて外すということが当たり前になってきます。

 

ダウンショット、スモラバ。

こういったリグをウィードに引っかけて外すという釣りをするのに641MLSは最適化と。

 

ただクロノスのMLロッドでいいかも

個人的にはクロノスシリーズにラインアップされている、672MLSのほうが気になるところです。

 

価格もクロノスのほうが安いし、使用用途もそこまで変わらないのでエアエッジよりもいいかと。

 

エアエッジを買うなら、ちょっと変わり種のロッドを購入したいところです。

 

まとめ

スペック、特徴を見た限り汎用性が高くいろんなリグを使える万能ロッド。

 

ただ、エアエッジシリーズのいいところはちょっと変わり種のロッドがラインナップされているところ。

 

641MLSのように、一般的なスペックのロッドはクロノスシリーズとかでいいかと個人的には思いますね。

 

-ダイワ
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.