バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

シマノ

【シマノ、16ナスキーのインプレ】スペックとかを見て思った自分なりの評価を書いていくよー

更新日:

エントリーモデルからのステップアップで使いたいシマノから発売されている16ナスキー。

 

エントリーモデルのエアノスとかセドナも十分バス釣りはできます。

AR-Cスプールが搭載されていて、今のエントリーモデルでバス釣りを楽しんでいる学生さんはしあわせだと思いますw

 

ただ、ワンシーズン使い込むと大抵ガタがくるのがエントリーモデルの宿命。

そんなときのステップアップにどうですか?

16ナスキー。

 

スペック、特徴を見て感じた管理人の16ナスキーの印象を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

いろんな技術が搭載されていて魅力的

セドナとかエアノスの実売価格は4000円くらい。

一方16ナスキーの実売価格は7500円くらい。

 

およそ3000円で備わっている装備が変わってきます。

ドラクエで例えるなら、こんぼうがエアノス。

銅のつるぎが16ナスキーといったところでしょうかw

 

16ナスキーの注目したい特徴

ドラクエでいうところの銅のつるぎ的な立ち位置の16ナスキー。

そんなナスキーの特徴は以下のとおり。

HAGANEギア

Ⅹシップ

コアプロテクト

Gフリーボディ

AR-Cスプール

個人的には、コアプロテクトとハガネギアがいい感じだなーといったところ。

 

エントリーモデルをワンシーズンで使い倒してしまった人にとっては、ぜひとも使ってほしいと思える特徴になっているかと。

 

コアプロテクトとハガネギアで、エントリーモデルよりも確実に使い込めるモデルであることは間違いないかと。

 

16ナスキーのC2000Sのスペック

なぜC2000Sのスペックを紹介するのかというと、個人的に気になる一番使える番手だからw

 

そんな2000番のスペックは以下のとおり。

自重220g

糸巻き量は3ポンド110m

ボールベアリングは4個

エントリーモデルのセドナとかエアノスに比べて自重も軽いし、ボールベアリングが多いですね。

 

これによって1日バス釣りをしていても疲労が軽減されて集中して釣りができるかと。

 

また、ボールベアリングの効果により、エントリーモデルよりもかっちりしたリールになっています。

 

頑張れる人は16ナスキーだね

バス釣りをこれからはじめる人でエントリーモデルを検討しているなら、16ナスキーの選択も視野に入れておきたいところ。

 

セドナとかエアノスに比べたら、確かにちょっとだけ高い。

だけど、そのちょっと予算を上げるだけで、かなりカッチリしたリールを使うことができるし、結果的にいい買い物ができるかと。

 

本気でバス釣りに興味がある。

そんな方は16ナスキーから始めるのもいいかもしれないですね。

管理人
値段もスペックも丁度よくていいよね!

-シマノ

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.