バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

ダイワ

18フリームスLT2500S-XHのインプレ!コスパに優れて性能もガッチリしているスピニングリール

投稿日:

18フリームス。

ダイワのスピニングリールでコスパに優れているモデルというのはカルディアが個人的なイメージでした。

 

カルディアより下のモデルはちょっと。。

そんな印象を持っていたダイワのスピニングリールですが、2018年にダイワがLTコンセプトでフリームスをリニューアルをしたときに、ちょっとこの18フリームスLT2500S-XHに興味を持ちました。

 

18カルディアLTも十分魅力的ですが、高校生とか大学生が興味をもってほしい18フリームスLT。

スペックなどをみて感じた印象をまとめました。

スポンサーリンク

18フリームスLT2500S-XHのスペック

今回は幅広くルアーを扱うことができる2500番モデルであるフリームスLT2500S-XHのスペックを簡単に紹介します。

 

自重・・・205g

糸巻き量・・・4ポンド150m

ボールベアリング・・・合計5個

ハンドル1回転あたりの糸巻き量・・・87㎝

ダイワのリールって、昔から軽い印象を持っていたけど、フリームスにも軽量化の時代がきたのかといった感じです。

さらにエクストラハイギアの存在によって、より効率よく釣りができますよね。

18フリームスLT2500S-XHに搭載されている技術

この18フリームスLT2500Sに搭載されていて個人的に気になる技術は以下のとおり。

 

マグシールド

ロングキャストABS

エアローター

ツイストバスターⅡ

 

バス釣りに必要な技術がしっかりと搭載されている感じですよね。

ロングキャストABSも搭載されていてマグシールドも搭載。

 

トラブルレスなリールに仕上がっているのがわかるかと。

 

まとめ

スピニングタックルは、どちらかというとロッドのほうに予算をかけたいところ。

まともに釣りができればいい。

 

そういった人には18フリームスLTがいいのではないでしょうか?

 

もっとスピニングタックルに予算を注ぎたい。

 

そういった人は18カルディアなんかがいいかと。

18カルディア2000Sのインプレ

-ダイワ

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.