バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

レジットデザイン

レジットデザインのワイルドサイドグラスモデルのインプレ!グラスに興味があるならチェックしておきたいロッド

投稿日:

レジットデザインといえば、

北大祐さん。

 

当サイトの管理人は勝手にそう思っていますw

雑誌などでも自分が愛用しているルアーをメーカー問わずにさらけ出してくれる姿勢に誰もが信頼を寄せているのではないでしょうか??

 

そんなレジットデザインの北さんがクランクをするうえで愛用しているロッドが、

グラスロッド!

 

グラスだからこそのアクション。

グラスだからこそ釣れるバス。

 

そういったことを北さん自身が経験しているからレジットデザインでも必要性を感じてラインナップされているのではないでしょうか??

 

時代の先端とは逆をいく。

ワイルドサイドのグラスロッドはそんな感じかと。

 

そんなレジットデザインのワイルドサイドシリーズグラスモデルのスペックをみて管理人が感じた印象をまとめました。

スポンサーリンク

ワイルドサイドグラスモデルのラインナップ

WSC-G62L

WSC-G66ML

WSC-G68M

WSS-G62L

グラスモデルのスピニングモデル。

非常に珍しいですね。

 

だからこそ、他の人とは違うアプローチ、アクションを出すことができる。

だからこそ、釣果を叩きだすことができる。

WSC-G66ML

関東に住んでいるアングラーならこのモデルが扱いやすいのではないかと。

シャッドからスタンダードなクランクまで幅広く扱えるモデル。

 

6.6フィートということでおかっぱりでのショートキャストにもしっかり対応してくれます。

WSC-G68M

ショートキャストもロングキャストもできるレングス。

そして、Mパワーということで幅広いウエイトのクランクベイトを扱うことができるモデルになっています。

 

ちなみにこのモデルは北さんがバサクラで2連覇を達成したときに愛用していたモデルになっています。

まとめ

いまの時代グラスロッドにこだわっているメーカーって少ないかと。

というか自分が知っている限り、シマノかダイワぐらいしか思い当たらない。

 

そんないろんな可能性をひめているグラスロッド。

自分の釣りを広めたい人はぜひともレジットデザインのグラスロッドを使用してみてはいかがでしょうか??

-レジットデザイン
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.