バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

レジットデザイン

レジットデザインのフロッグロッド2モデルをインプレ!

投稿日:

レジットデザインから発売されているフロッグモデルシリーズ。

 

いやーフロッグってバス釣りのなかでかなりおもしろい釣りの部類に入る釣りかと。

 

そんなフロッグを全力で楽しむ。

全力でアングラーのスキルを引き出してくれるのがレジットデザインのフロッグモデルシリーズかと。

 

現在はワイルドサイドシリーズから2モデルがラインナップされています。

 

そんなレジットデザインのフロッグモデル2機種をみて感じた印象をまとめました。

スポンサーリンク

ワイルドサイド65MH

6.5フィートというレングスは近距離も遠投もそつなく対応してくれるレングスです。

 

だからこそ関東に住んでいるアングラーは検討しておきたいロッドかと。

 

霞水系の流入河川。

ボートでのショートキャスト。

 

こういった釣りをメインにする人はワイルドサイド65MHがいいのではないでしょうか?

ワイルドサイド69MH

7フィートではなく6.9フィート。

これは操作性とキャスト精度を意識したからではないかと個人的には思っています。

 

琵琶湖のようなフィールドでは正直ロングレングスのほうが有利。

 

だけど、琵琶湖以外のフィールドでフロッグをする場合は、たいてい7フィート以下のフロッグロッドのほうがキャストはしやすいもの。

 

ワイルドサイドのフロッグモデルはほかの釣りにも使える

レジットデザインの動画をみれば分かると思いますが、北さんはよくこのフロッグモデルを使用してスピナーベイトを愛用しています。

 

パキパキの高弾性を使用しているのではなく、粘りのあるブランクスを使用しているからこそできること。

 

それがこのワイルドサイドシリーズのフロッグモデルの特徴かと。

まとめ

フロッグって、ラインが一番大事だけ。

だけどロッドも大事です。

 

しっかりフロッグをキャストする。

しっかりフロッグをアクションさせる。

 

そういったことをしたいのならばレジットデザインのロッドは検討しておきたいところですね。

-レジットデザイン
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.