バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

メガバス

メガバスのガウス20Xのインプレ!コンパクトスピニングリールの決定版

投稿日:

メガバスから発売されているガウス20X。

「メガバスのスピニングリールってどうなのよw」

 

そんな声が聞こえてきそうです。

ハッキリ言いますが、メガバスはリールにもしっかりと力を入れています。

 

だからこそ、長年メガバスはリールをリリースしているわけです。

それは愛用しているアングラーが納得している証でもあります。

 

 

そんなメガバスのリールから今回はラウダ70X。

コンパクトサイズのリールで、磁性流体シールドシステムというものを採用しています。(おそらくダイワのマグシールドてきなもの)

 

だからこそ、コンパクトで性能を維持しやすいリールになっているかと。

 

そんなメガバスから発売されているラウダ70Xのスペックをみて管理人が感じた印象をまとめました。

スポンサーリンク

ラウダ20Xのスペック

ラウダ20Xのスペックは以下のとおりになっています。

自重・・・210g

糸巻き量・・・4ポンド100m

ギア比・・・4.8(ハンドル1回転あたりの糸巻き量63㎝)

 

自重は重めに感じると思いますが、これはこのリールがカッチリと作れられている証。

 

しっかりとリールを使い込みたいという人にとっては最適なリールになっているのではないでしょうか??

ラウダ20Ⅹに搭載されている機能

ラウダ20Ⅹに搭載されている機能は以下のとおりになっています。

 

磁性流体シールドシステム

高密度カーボンコンポジットボディ

ハイメタル・ハニカムスプール

 

個人的にいいなーと思ったのが磁性流体シールドシステム。

ダイワでいうところのマグシールドが搭載されています。

 

なので、初期の使用感を長期間維持できる機能を搭載しています。

これって、使い込む人にとってはうれしいですよね。

まとめ

メガバスって、ルアーばかりのイメージが先行しがち。

そして、リールといえばダイワとかシマノ。

 

だけども、

メガバスのリールっていう選択肢もあるんだよ!ってことを体感することができるのがこのリールかと。

 

モロいように見えて頑丈に作られているリール。

それがメガバスのリールです。

-メガバス

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.