バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

アブガルシア

ファンタジスタスチュディオスFSNS-62LSMGSサトリのインプレ!ネコリグなんかのライトリグで使いたいスピニングロッド

投稿日:

アブガルシアから発売されているファンタジスタシリーズのスチュディオス。

 

スチュディオスシリーズはJBTOP50で安定的な成績を残している小森嗣彦プロがプロデュースしているモデルになっています。

 

そんなスチュディオスシリーズから今回は62LSサトリを紹介します。

62LSサトリを簡単な特徴としては、ライトリグバーサタイルロッドといったところ。

 

そんなアブガルシアのスチュディオス62LSサトリのスペックを見て管理人が感じた印象をまとめました。

スポンサーリンク

ファンタジスタ スチュディオスFSNS-62LSMGA SATORIの特徴

アブから発売されている62LSサトリの特徴は以下のとおりになっています。

 

ライトリグ全般を扱うことができる

マイクロガイド搭載で感度もしっかり考慮されている設計

 

マイクロガイドを搭載しているあたりが、トーナメンターの小森さんらしい考えかと。

ライトリグ全般を扱える

62LSはバーサタイルスピニングロッドです。

 

バーサタイルロッドなんだけど、ライトリグをしっかり操作できるように設計されている。そんなイメージを僕は持っています。

 

6.2フィートということで飛距離を出すというよりも操作性だったりキャスト精度を意識して作られているのを感じ取ることができるかと。

マイクロガイド搭載

ファンタジスタシリーズ全般にいえることですが、62LSサトリもマイクロガイドを搭載しています。

 

なので、ライトリグを操作してみて、ボトムがどういった地質をしているのかをより明確に分かるようになっているかと。

 

これは繊細なライトリグをするアングラーにとってはうれしい性能の1つですよね。

まとめ

小森さんって、毎年安定してトーナメントで成績を残しているプロアングラーです。

 

そんな小森さんが実際にトーナメントで使っているロッドは明らかに一般のアングラーにとってもメリットになることは間違いないかと。

 

おかっぱりでスチュディオスシリーズを使っている人はあまり見ないけど、ボートだと使っている人はよく見ます。

 

ボートフィッシングがメインの人はぜひとも導入しておきたいスピニングロッドになっているのではないでしょうか??

-アブガルシア
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.