バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

エバーグリーン

ファクトHFAS-61ULSTのインプレ!スモラバを扱うのに最適なフィネスロッド

投稿日:

エバーグリーンのフィネス特化型ロッドといえばかつてはソリッドセンターというロッドでした。

 

プロデュースしたのは福島健さん。

 

そして、時はたち、

ファクトというブランドを福島さんが務めるになって、

そのソリッドセンターをブラッシュアップしたモデルがファクト61ULSTです。

 

福島さんの釣りってフィネスから巻物なんかをガンガン巻いていくなど幅広いイメージがありますが、個人的にはやっぱりスモラバ。

 

そのスモラバを中心としたライトリグを中心に扱えるのがファクト61ULST。

 

そんなエバーグリーンから発売されているファクト61ULSTのスペックをみて感じた印象をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

ファクト61ULSTの特徴

ファクトシリーズのHFAS-61ULSTの特徴は以下のとおりになっています。

 

・ショートロッドなのでスモラバなんかをシェイクしやすい

・ソリッドティップ搭載モデルにより違和感なくバスに口をつかわせる

 

まあ、こんな感じになっているのではないかと。

スモラバを中心としたライトリグをシェイクしやすい

6.1フィートということでファクト61ULSTはシェイクがしやすいモデルになっています。

 

ハイプレッシャーな状況。

たとえばカスミ水系だったら新川とかの流入河川とかのメジャースポット。

 

そういった状況では通常の釣り方では口をつかわせるのが難しいので、より繊細にリグを操作する必要が出てきます。

 

より違和感なくスモラバを操作する。

 

こういったことができるのがファクト61ULSTではないでしょうか?

違和感なく口を使わせる

違和感なく口を使わせるということはプレッシャーのかかっている状況では大事なことです。

 

人間からはバイトを察知できなくても実はバスはバイトをしているというのはよくあるもの。

 

サイトフィッシングをしてみればわかると思いますが、バスがバイトをしてもこちらまで感覚が伝わらないということがあります。

 

当然目に見えていない、いわゆるブラインドフィッシングでも同じことが起こっています。

 

違和感なくバイトしてくるというのは、しっかり口を使わせるということ。

 

なので、極力バイトをして違和感を感じてルアーを離すということが少なくなるのもこのロッドの特徴ではないでしょうか?

まとめ

ファクトシリーズって、エバーグリーンから発売されているだけあって相当作りこまれているロッドかと。

 

その分値段は高くなりますが、本格的にライトリグの釣りをするならぜひとも検討しておきたいロッドであることは間違いないかと。

-エバーグリーン
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.