バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

ダイワ

ダイワ、エアエッジ661MHBのインプレ!フロッグで使い込みたいベイトロッド

投稿日:

ダイワのシリーズのなかでも最近人気が出てきているのがエアエッジシリーズ。

尖ったモデルがあったり、汎用性が高いモデルがあったりと。

 

バス釣りを始めたばかりの人から玄人アングラーのニッチな要望にも対応してくるシリーズです。

そんなエアエッジシリーズのなかから今回は661MHBを紹介。

 

最近ではウッチーこと内山プロがフロッグの釣りで愛用していますよね。

そんなエアエッジ661MHBの特徴を解説していきます。

スポンサーリンク

エアエッジ661MHBの特徴

このロッドの特徴はいろんな釣りに対応できるところ。

6.6フィートというレングスって、ショートキャストからロングキャストまでできちゃいます。

 

だからカスミ水系で流入河川を釣っていくときにもピンスポットを打っていけますし、急なボイルでのロングキャストにも対応できます。

そして、高弾性のブランクスを採用しているので、軽い力で降り抜けるのもいいところ。

 

フロッグの釣りなんかはキャストが超大事だったりします。

まずはバスがいるピンスポットに確実に入れるキャスト精度が大事。

 

だからしっかり振り抜けるエアエッジ661MHBはかなりあっているロッドかと。

おかっぱりで使いたい

おかっぱりって、いろんなルアーが使いたくなりますよね。

フロッグだったりライトテキサスだったり。

 

個人的に、カスミ水系で打ちもの釣りをするならエアエッジ661MHBはかなり向いているのではないかと。

ピンスポットもしっかり狙えるし、フロッグのアクションもきっちりできる。

 

フロッグが大好きで、フロッグ以外のシーズンでもラバージグなんかの釣りをメインにする人なら持っていて損することはないモデルになっています。

まとめ

ダイワのロッドって、価格以上の性能を持っています。

それは大きなメーカーだからこそできること。

 

まだダイワのロッドを使ったことのない人は、エアエッジから入門してみるのもいいかもしれないですよね。

-ダイワ
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.