バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

エバーグリーン

カレイドセルペンティ64Lビースティンガーのインプレ!オールチュブラーのこだわりロッド

投稿日:

セルペンティシリーズ。

エバーグリーンのシリーズのなかでも、セルペンティシリーズほどスピニングロッドに特化しているロッドはないかと。

 

日本の最高峰であるTOP50。

そのTOP50で勝つために今江さんがプロデュースしているセルペンティシリーズ。

 

ベイトフィネスが主流のいま。

あえてスピニングを使う意味はなんなのか?

 

そういったことを体感できるのがエバーグリーンのセルペンティシリーズではないかと。

 

そんなセルペンティシリーズで今回は64Lのビースティンガー。

フィネスロッド=ソリッドティップという時代とは逆行してオールチュブラーを採用している64Lビースティンガー。

 

64Lビースティンガーのスペックをみて管理人が感じた印象をまとめました。

スポンサーリンク

セルペンティ64Lビースティンガーの特徴

セルペンティ64Lスティンガーの特徴は以下のとおりになっています。

 

オールチュブラー

超軽量

 

この2つが64Lビースティンガーの簡単な特徴になっているかと。

オールチュブラー

64Lビースティンガーはフルチューブラーを採用しています。

フルチューブラーのメリットはなにか?

 

それは、

張りの良さ。

 

ソリッドティップはいくらいいものでも多少のダルさは残るもの。

64Lビースティンガーはオールチュブラーブランクスを採用しているので張りがあります。

 

これによりチューブラーブランクスだからこその操作性と感度があると個人的には思います。

超軽量になっている

64Lビースティンガーはオールチュブラーモデルということでいいことがまだあります。

 

それは、超軽量モデルであるということ。

なんとその軽さ、

89g!!!

 

めちゃ軽ですw

バンキッシュとかイグジストなんかの軽いスピニングリールと組み合わせたら缶ジュースくらいの重さです。

 

いやー時代の進歩ってすごい。

そう思えるロッドですよね。

 

予算をかけてロッドを購入するなら、

こういった自重が軽くて、性能のいいロッドというを個人的には買いますね。

まとめ

今江さんって、全力で釣りに向き合っているからこそロッドのこだわりも半端ないですよね。

 

これは今江さんに関わらずトップトーナメンターならみんな同じ思いかと。

 

ですが、

「やっぱり、今江さんって熱いわー」

そう思えるのは私だけでしょうか?

 

一般アングラーが欲しくなるようなロッドを毎年リリースする今江さん。

 

これからも健康を第一にトーナメントで活躍されることを願っています。

-エバーグリーン
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.