バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

エバーグリーン

エバーグリーンのヘラクレスHCSS-70ULファランクスのインプレ!シャッドに使いたいおかっぱりロッド

投稿日:

エバーグリーンのヘラクレスシリーズ。

そのなかでも70ULファランクスは発売されてから何年も経ちますが、いまも人気のある貴重なおかっぱりに特化しているロッドです。

 

おかっぱりの楽しさを霞ヶ浦水系のアングラーに教えてくれたエバーグリーンの関和学プロ。

 

関和さんがプロデュースしたロッドだけにカスミ水系でおかっぱりをするには十分なフィネスロッドであるかと。

 

そんなエバーグリーンのヘラクレス70ULファランクスのスペックをみて思った印象を管理人なりにまとめてみました。

スポンサーリンク

ヘラクレス70ULファランクスの特徴

ヘラクレスシリーズの70ULファランクスの特徴は以下のとおりになっています。

 

7フィートでULパワーということでシャッドのような小型プラグ~ライトリグを扱える

4軸補強によりフッキング決まる

 

この2つ個人的なヘラクレス70ULファランクスの簡単な特徴ではないかと。

シャッドに使いたい

7フィートでULパワーでありながららなだらかなテーパーデザイン。

 

そうなってくると使いたいのがシャッド。

関和さんもバンクシャッドをスピニングで使うときはよく70ULファランクスを愛用しています。

 

「シャッドを使うのに7フィートもいる~?」

はい、必要ですw

 

とくに霞ヶ浦水系は根がかりが多発するフィールド。

だからこそ意識したいレンジコントロール。

 

ボトムを叩きすぎず、ボトムから離れすぎずのレンジが釣果に影響してきます。

 

そういったときに7フィートのレングスというのは非常にレンジコントロールがしやすくてシャッドみたいなレンジが大事になってくるルアーとの相性はめちゃめちゃいいです。

4軸補強によりフッキングが決まる

エバーグリーンのロッドといえば4軸補強。

これがロッドに搭載されているかでフッキングのフィーリングが変わってきます。

 

別に4軸補強はなくてもいいのですが、個人的には絶対あったほうがいい。

 

それはかつて管理人がヘラクレスシリーズを愛用していたから言えることです。

 

フッキングをしたときにバットがしっかりしているので、ロッドがねじれることが軽減されてフッキングがバシッと決まる感じがします。

 

これはねー実際使って人にしか伝わらないですw

まとめ

霞水系ではベイトフィネスでライトリグをすべてカバーしている人がいますが、まだまだスピニングの出番はあります。

 

その1つの例がシャッド。

もちろんベイトフィネスでもシャッドプラグを扱うことができますが、やっぱりスピニングのほうがより繊細に扱えるということでぜひとも持っておきたいリグの1つです。

-エバーグリーン
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.