バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

エバーグリーン

エバーグリーンのセルペンティ64MSTスピンサーペントのインプレ!パワーフィネスでガンガン使い込んでいけるトーナメントロッド

投稿日:

ベイトフィネスはいまやバス釣りでコンスタントに釣果を出すには欠かせないジャンルの1つになっています。

 

霞水系、淀川なんかのハイプレッシャーなフィールドは特に。

 

だけどね、

パワーフィネスのほうがいい場面のほうがあったりするんです。

 

おかっぱりなんかで無理な体勢からオーバーハングとかに軽量リグをスキッピングしたりとか。

 

まだまだスピニングにおけるパワーフィネスの需要は減らない。

むしろ、ベイトフィネスの登場によりスピニングのパワーフィネスの重要性に気づく人がいるはずです。

 

トーナメントはなおさら。

エバーグリーンから発売されているセルペンティ64MSTスピンサーペントはパワーフィネスに特化しているモデルです。

 

そして、今江さんがプロデュースしているということでガチ勢のためのロッドになっているかと。

 

そんなエバーグリーンのセルペンティシリーズの64MSTスピンサーペントのスペックをみて感じた管理人の印象をまとめました。

スポンサーリンク

セルペンティ64MSTスピンサーペントの特徴

セルペンティ64MSTスピンサーペントの特徴は以下のとおりになっています。

 

ベイトロッドのブランク構造を取り入れている

ソリッドティップを搭載している

 

この2つが個人的には気になる64MSTスピンサーペントの特徴になっているかと。

 

ベイトロッドのブランク構造

セルペンティ64MSTスピンサーペントは、ベイトロッドで採用されているブランク構造を取り入れています。

 

これによって、パワーのあるロッドに仕上がっています。

ベイトフィネスロッドを使ってみればわかると思いますが、ベイトフィネスロッドのLパワーとスピニングロッドのLパワーって、バスをかけた後のパワーが違うと感じることはありませんか?

 

それはベイトフィネスはベイトロッドのブランク構造で、スピニングはスピニングのブランク構造を取り入れているからです。

 

そして、64MSTスピンサーペントはスピニングロッドだけど、ベイトロッドのブランク構造を取り入れているためにパワーがあると。

 

まあ、使っていないのでなんとも言えませんが、セルペンティ64MSTスピンサーペントがパワーのあるロッドであることは間違いないかと。

 

ソリッドティップの搭載

最近のスピニングロッドの主流であるソリッドティップを64MSTスピンサーペントにも搭載されています。

 

いろんなメーカーがソリッドティップ搭載のロッドをリリースしていることからわかるとおり、時代の進歩によりソリッドティップのデメリットを排除しやすいために採用しているメーカーが多いです。

 

例えば、ソリッドティップのつなぎ目が違和感なく仕上げることができるようになったとか。

怠さを排除したソリッドティップが使えるようになったとか。

 

ソリッドティップにあまり良いイメージがない。

そういった人はまず64MSTスピンサーペントを触ってみるのも1つの手段かもしれませんね。

まとめ

ベイトロッドのブランク構造を取り入れたロッド。

なんかそれだけで気になってしまいますよね。

 

しかも、プロデュースしているのがトーナメントの最前線で戦っている今江さん。

その今江さんが実際にトーナメントでも使用しているモデルだけに気になる人はまずチェックしておきたい商品ですよね。

-エバーグリーン
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.