バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

エバーグリーン

エバーグリーンのセルペンティ63LSTマイティ―フィネスのインプレ!

投稿日:

エバーグリーンから発売されているセルペンティシリーズ。

特徴としては、スピニングモデルに特化しているシリーズでガチでフィネスフィッシングをやりこむためのモデルになっています。

 

なので、価格も気合いが入っていますし、ロッドに対してのこだわりもほかのロッド一味違う感じになっています。

 

今回はセルペンティシリーズから発売されているTKSS-63LSTマイティ―フィネス。

 

セルペンティシリーズのなかでもバーサタイル性能に優れているモデルになっています。

 

そんな63LSTマイティ―フィネスのスペックをみて管理人が感じた印象を解説していきます。

スポンサーリンク

セルペンティ63LSTマイティ―フィネスの特徴

セルペンティ―63LSTマイティ―フィネスの特徴は以下のとおりになっています。

 

攻めも守りもできるように設計されている

6.3フィートということで汎用性が高い

 

この2つが大きな63LSTマイティ―フィネスの特徴になっているかと。

攻めも守りもできる

恋愛に攻めと守りがあるように、バス釣りにおいても攻めと守りがあります。

 

スピニングタックルは軽量のリグを扱うのが普通。

そのために3ポンド前後の細いラインを使用してバスに仕掛けていきます。

 

そのときに、カバーに入れこんで強気に攻めて釣っていくのか?

それともカバーの周辺をウロウロしているようなバスを繊細に誘って守りの姿勢で釣っていくのか?

 

そういったことをそつなくこなしてくるのがマイティ―フィネスかと。

 

ただ、いろんなリグを使えるバーサタイルロッドではなく、トーナメントという限られた時間でバスを釣るために作られたロッドという印象を持ちますね。

いろんな状況に対応してくれる

まあ、このロッドのネーミングがマイティ―フィネスと書かれているぐらいなので、いろんな状況に対応してくれます。

 

6.3フィートということで、繊細にシェイクをしてバスを誘うこともできるし、ある程度の遠投も行うことができます。

まとめ

エバーグリーンのロッドって、正直高いですよね。

だけどね、

こういったロッドを躊躇なく買ってしまうのがプロ。

 

価格ではなく性能をみて購入する。

それこそが愛すべきバスフィッシャーマンですね。

-エバーグリーン
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.