バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

アブ

アブのクロスフィールドのスピニングリールモデルをインプレ!軽量でコスパに優れているリール

投稿日:

アブから発売されているクロスフィールドのスピニングリール。

 

クロスフィールドシリーズの特徴としては価格が抑えられていても性能がしっかりしているところ。

今回紹介するクロスフィールドのスピニングリールも間違いなくコスパに優れているリールになっているかと。

 

そんなアブからラインナップされているクロスフィールドのスピニングリールのスペックをみて管理人が感じた印象を解説していきます。

スポンサーリンク

アブのクロスフィールドスピニングリールのスペック

今回はバス釣りで定番の2500番のスペックの紹介です。

クロスフィールドスピニングリール2500SHのスペックは以下のとおりになっています。

 

自重・・・232g

ギヤ比・・・5.8(ハンドル1回転あたりの糸巻き量82㎝)

糸巻き量・・・4ポンド170m

 

個人的な意見としては、割と自重があってカッチリしているリールだなと。

クロスフィールドシリーズ自体いろんな釣りに対応できるように設計されているだけあって、剛性を意識しての作りになっているのではないでしょうか。

クロスフィールドスピニングリールに搭載されている技術

クロスフィールドスピニングリールモデルに搭載されている技術は以下のとおりになっています。

 

ロケットスプールリップ

IM-C6ボディー

スローオシレーション

ユニフローベール

エバーラストベールシステム

 

アブに搭載されている機能って、ちょっと名前が難しくてどういった機能か予想しづらいですよね。

 

個人的に、このクロスフィールドは剛性を意識した機能を入れ込んでいるかと。

 

がっつり使い込んでいきたい。

エントリーモデルのステップアップとして、このスピニングリールを選択するのは堅実ではないでしょうか。

まとめ

アブのスピニングリールって、他メーカーよりも安いイメージがあります。

 

だけども性能はしっかりしている。

 

世界中で愛用されているからこそできる安さなのではないかと個人的には思っています。

 

クロスフィールドスピニングリールモデルもそのうちの1つになっているのではないかと。

-アブ
-

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.