バス釣りのロッドとリールの印象をインプレしています

バス釣りインプレブログ

デプス

【デプス、ブームスラング68MHRのインプレ】ライトカバーで使いたいスピニングロッド

投稿日:

デプスから発売されているブームスラング68MHR。

スピニングロッドにしてはレングスが結構ある6.8フィート。

 

それでいてMHパワーということで飛距離もしっかりと出すことができるモデルになっています。

そんなブームスラングは発売されてからしばらく経ちますが、いまでも愛用している人が多いデプスのスピニングロッドです。

 

比較的カバーが薄いところ、ブッシュ。

そういったところにPEラインを組んで軽めのリグを入れ込む。

 

そして繊細に誘い、バスを引きずり出す。

こういったことができるのがブームスラング68MHRかと。

 

そんなデプスのブームスラングのスペックなんかを見て管理人が感じた印象をまとめてみました。

スポンサーリンク

ブームスラング68MHRの特徴

特徴はデプス独特のブランクスで粘りのあるパワーであること。

これに尽きるかと。

 

ブームスラングは発売されてからしばらく経ちますが、発売当初は結構な衝撃がありました。

それはスピニングロッドなのにMHパワーだったから。

 

スピニングロッドは本来軽いリグを投げるロッド。

だからULとかLパワーのロッドが主流でした。

 

ですが、ブームスラングの登場によりカバーの釣りをスピニングでできるというのが世間に大きく知られました。

そう個人的には思っています。

ブームスラング68MHRの使い方

まずはPEラインを使うのは絶対です。

もちろんフロロ6ポンドぐらいで釣りをしてもいいですが、ブームスラングをどうせ使うんだったらPEラインで釣りをしたいもんです。

 

そして、使うリグは重めのネコリグ。

これを遠投して繊細にシェイクをひたすらしたいっていう感じです。

まとめ

デプスのロッドって基本的にパワーがあるロッドばかりです。

最近ではルードバイパーというスピニングモデルが発売されました。

 

個人的な印象ですが、ブームスラングはルードバイパーよりも繊細に誘えるロッドになっていて、ガチで重いリグを使うならルードバイパーの一択かと。

デプス、ルードバイパーのインプレ

 

-デプス

Copyright© バス釣りインプレブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.